最新情報 news
2022.08.04

食の商談会&セミナー

令和4年度食の商談会・セミナー

▶国内向け

【テーマ】こだわりの小売商材

【開催日】

・第1回:令和4年10月18日(火) >詳細ページ・お申し込みはコチラ

・第2回:令和5年2月9日(木)   >詳細ページ・お申込み(準備中)

【対象】食品事業者や6次産業化事業者など(※新潟市内事業者のみ)

【参加バイヤー】県内外小売、卸売業者 各日3社

【主催】新潟IPC財団

 

▶海外向け

<商談会>

【対象国・地域】台湾 >詳細ページ・お申込みはコチラ

【開催日】令和4年12月13日(火)

【対象】食品事業者や6次産業化事業者、生産者など(※新潟市内に本社または事業所を有する事業者・生産者)

【参加バイヤー】株式会社裕源

【主催】新潟市産業政策課、新潟IPC財団

 

<ミニセミナー&個別相談会>

【対象国・地域】オーストラリア >詳細ページ・お申込みはコチラ

【開催日】令和4年12月19日(月)

【対象】オーストラリアへの輸出に取り組む、またはこれから輸出を目指す食品事業者や6次産業化事業者(※新潟市内に本社または事業所を有する事業者・生産者)

【講師】トライバー(TRYBER Pty. Ltd)代表 長谷川 潤 氏

【主催】新潟市産業政策課、新潟IPC財団

 

令和4年度セミナー(国内向け)

商談会ご参加前に! 普段の営業に!

商談会ご参加の有無に関係なく、お申込みいただけます。

 

▶商品力・営業力強化セミナー >詳細ページ・お申し込みはコチラから

「あのバイヤーが語る! バイヤー・消費者に求められる商品づくり&商談のポイント」 

【開催日】

令和4年9月5日(月) 13:30~15:00

【講師】

株式会社五味商店 代表取締役 寺谷 健治 氏

食品スーパー入社後、生鮮・グロッサリー・店長等を歴任。昭和56年に五味商店(海苔卸問屋)入社。平成10年に社長に就任し、五味商店を“こだわり”の食品総合卸へ事業転換させ、現在に至る。「こだわり商品展示会」を主催するとともに、平成12年度より「スーパーマーケットトレードショー」にも自社ブースで継続出展するなど、“地域発こだわり商品”の販売促進を積極的に行っている。平成21年度より(独)中小企業基盤整備機構の地域活性化パートナーとして活動中で、「販路拡大」をテーマに講演多数。

株式会社 五味商店 (5-3.co.jp)

【対象】

販路拡大を目指す食品事業者、6次産業化事業者など

【内容】

地方の事業者だからこそ求められる商品とは何か、また、商品を販路に乗せるために必要なこととは、といった基本的なポイントを中心に、これまで地方の小規模食品事業の販路拡大で実績を上げてきた、株式会社五味商店・代表取締役 寺谷 健治 氏より、具体的にお話しいただきます。

「こだわり商品展示会」を主催するとともに、「スーパーマーケットトレードショー」にも自社ブースで継続出展するなど、様々な地方の商品・食品事業者を見てきた寺谷氏だからこその内容となっており、食品事業者や6次産業事業者の方は必見です!

初めて商品づくりや販路拡大への取り組みを検討されている方、また、従来の方法から改善を目指している方は、ぜひご参加ください。

【主催】新潟IPC財団

※株式会社五味商店様は、令和4年10月18日(火)の商談会でも1バイヤーとして参加予定!

 

▶実践編 >詳細ページ・お申し込みはコチラから

「つながる!商談のススメ ~事業者の「伝えたい」とバイヤーの「知りたい」をつなげる!商談シート【FCP(フード・コミュニケーション・プロジェクト)シート】 の効果的な書き方・活用法~

【開催日】

令和4年9月13日(火) 13:30~15:00

【講師】

新潟IPC財団 食の技術コーディネーター 椎葉 彰典

福岡県出身・鹿児島大学卒。食品関連業界歴30年、商社、食品メーカー、小売業の実務経験を積み、食関連のコンセプトワーク・商品企画・商品開発、販路拡大・輸出・輸入、食品流通・ロジスティックス、品質/工程管理等に大きく関わり、国内・海外合わせて100ヶ所以上の食品工場視察を経験。

経営士、内閣府国家戦略プロフェッショナル検定 【食の6次産業化プロデューサー レベル4】、一級惣菜管理士。

【対象】

販路拡大を目指す食品事業者、6次産業化事業者など

【内容】

商談した後に、バイヤーとその後のやりとりが続かないということはありませんか?

バイヤーに商品の魅力を上手く伝えられていないことがあるかもしれません。

本セミナーでは、商談の基本となるFCP(フード・コミュニケーション・プロジェクト)シートを中心に、実践的内容を学びます。

バイヤーに効果的に商品の魅力を伝えるには欠かせないFCPシート。

商談のコミュニケーションツールとしてFCPシートを有効に使い、バイヤーとつながる商談、販路拡大を目指します!

【主催】新潟IPC財団

メールマガジン登録 Mail Magazine

新潟IPC財団メルマガに登録すると、新潟のビジネスに役立つ情報をお届け!ぜひご登録ください。