セミナー・イベント Seminar / Event

トップクリエイターたちが「新しい答え」を生みだせるワケ ~「ささるアイディア。」の著者が語る~

  • IPC
  • セミナー
  • 開催終了

※※大好評につき定員拡大中!!※※

※オンラインでの配信となります。

※当セミナーは特定創業支援等事業の「経営」に該当します。

 

内容

なぜ、すぐれたクリエイターたちは「ささるアイディア」を生み出すことができるのか。

本セミナーでは、事業家、開発者、シェフなど15人のトップクリエイターを取材した書籍「ささるアイディア。」の著者・松永光弘氏をゲストにお迎えし、「アイディアのいま」について語っていただきます。

単に「与えられた課題の解決策」を考えるだけでなく、「問いをつくる」ことから発想を始めなければならない昨今において、トップクリエイターは、どのような「方法」や「考え方」でアイディアを生み出しているのか?

著書で紹介されている様々な「アイディア観」を手掛かりに、受講者の皆さまが、自社のビジネス課題との向き合うための「ヒント」を探ります。

<主な内容>

・自己紹介

・時代が変わればアイディアも変わる

・アイディアの本質とは

・アイディア観とはなにか

・この先もとめられるアイディアの条件

・ささるアイディアを生みだす7つの作法

QAセッション(質疑応答)

講師

編集家

松永光弘(まつながみつひろ)氏

1971年、大阪生まれ。「編集を世の中に生かす」をテーマに、出版だけでなく、企業のブランディングやコミュニケーション、サービス開発、教育事業、地域創生などで「人、モノ、コトの編集」に取り組む。企業の顧問編集者の先駆者としても知られる。クリエイティブ書籍編集の第一人者で、手がけた書籍は『「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義』(水野学)、『広告コピーってこう書くんだ!読本』(谷山雅計)、『しかけ人たちの企画術』(小山薫堂ほか)、『新しい買い物』(無印良品ほか)、『新訳「ドラえもん」』(藤子F不二雄)など多数。自著に『「アタマのやわらかさ」の原理。クリエイティブな人たちは実は編集している』、編著書に『ささるアイディア。なぜ彼らは「新しい答え」を思いつけるのか』がある。

 

セミナーの受講方法

会議ツール「Zoom」を利用し、インターネットで繋いでセミナーを実施いたします。
ご自身のPC、スマートフォン、タブレットを用いて受講することとなります。
お申込みされた方は下記のとおり事前準備をお願いいたします。

1. パソコンでご参加される方

①パソコン側での事前の設定は特段不要です。
②後日、事務局より、Zoom接続先のURL、パスワードを送付します。
③当日開催時間になりましたら、接続先URLおよびパスワードを入力し、オンライン参加してください。

2.スマートフォン・タブレットでご参加される方

①事前にご自身のスマートフォンまたはタブレットに専用アプリ「Zoom Cloud Meetings」をダウンロードしてください。
②後日、事務局より、Zoom接続先のURL、パスワードを送付します。
③当日開催時間になりましたら、接続先URLおよびパスワードを入力し、オンライン参加してください。

タイトル トップクリエイターたちが「新しい答え」を生みだせるワケ
開催日 2022年01月19日(水)
時間 18:30~20:00
会場 PCやスマートフォンによるオンラインでの参加 ※自宅などから参加可能
参加費 無料
募集人数 20人
募集期間 2021年12月20日(月) ~2022年01月19日(水)
備考 ①記入いただいた氏名、会社名等の個人情報は、主催者及び講師が次の目的で利用します。利用目的:受講確認、受講者への連絡、今後の事業内容のご案内
②パソコンや通信の不具合等につきましては一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。ご使用になられるパソコンの状況等により、十分な動作環境が得られない場合には、セミナーを受講できない場合があります。
③通信料、接続料については、利用者負担になります。
④放送を録画・撮影する行為や、配布、共有、動画配信サイトへアップロードする行為は禁止とさせていただきます。
⑤状況により、進行および内容に変更が生じる場合があります。
⑥セミナーやイベントを介して通じたビジネスパートナーとの間で生じたトラブルについては責任を負いかねます。
⑦財団は、本事業の円滑な運用に努力しますが、運用の中断・停止または廃止により利用者に不利益が生じた場合、財団は免責されるものとします。

メールマガジン登録 Mail Magazine

新潟IPC財団メルマガに登録すると、新潟のビジネスに役立つ情報をお届け!ぜひご登録ください。