最新情報 news
2022.09.06

あのバイヤーが語る! バイヤー・消費者に求められる商品づくり&商談のポイント(9月5日)

9月5日(月)に、食の商談促進事業の一環で、株式会社五味商店の代表取締役 寺谷 健治 氏によるセミナーを開催しました。

「こだわり商品展示会」を自社で17回主催するほか、「スーパーマーケットトレードショー」に自社ブースで23回出展している株式会社五味商店。多くの地方の小規模事業者を見てきた寺谷社長によるセミナーは、商談会・展示会を活用して売り上げを大幅に拡大させた小規模事業者などの具体的な事例の紹介から始まりました。

 

現在の消費者・業界動向、地域産品の魅力、また、商談に臨むにあたって、理解しておきたい流通の基礎知識やマーケティング、バイヤーの視点をお話しいただいたほか、商談の事前準備や、実際の商談でどの話をどのような配分で伝えるべきか、また知るべきかなど、非常に多岐にわたるテーマを限られたお時間でご説明いただきました。

 

商談で一番重要なことは、バイヤーから商品に対する評価・改善点を引き出すこと。商談でわかった改善点を商品改良に活かし、売上が大幅に増えた事業者もあるとのことでした。

商談終了後には、お礼メールを送り、次回の予約を取り付けること、返信がなくても最低3回はメールを送り、さらに反応がなければ電話を入れることなど、具体的なアドバイスもいただきました。

 

何より必要なのは「営業力」で、限られた人数で営業する時間がとれない事業者であっても、問屋の力を上手く活用する、月1日は営業する日と決める、営業代行するなど、何かしらの方法で営業を考えて実行していく必要があるとのことです。

 

寺谷様、大変ありがとうございました!

IPCでは様々なセミナーを開催しております。セミナー情報はこちらです。

メールマガジン登録 Mail Magazine

新潟IPC財団メルマガに登録すると、新潟のビジネスに役立つ情報をお届け!ぜひご登録ください。