最新情報 news
2021.02.26

にいがた未来想像部vol.5「わたしのできることを掛け算したらこうなった。」(2月25日)

"起業"というキーワードがちょっと気になるという方にできるかもと感じていただくイベント、にいがた未来想像部2020のvol.5「わたしのできることを掛け算したらこうなった。」を開催しました。

ゲストの皆様より、自分の「できること」から「やりたいこと」に近づくために、どのようなヒト・モノ・コトと掛け合わせたのか語っていただきました。今回はゲストの一人である平氏が経営する今時書店よりライブ配信しました。

 

あっちゃん弁当 燕 亜紗美 氏

料理のスキル × 身の周りで自分の料理を求めてくれる人 × 調理場や食材を提供してくれる協力者との出会い、から宅配弁当屋をスタート。やりたいと思ったことを声に出すことで周りが反応してくれ、協力者との出会いにつながると語ってくださいました。

スクリーンショット3

 

今時書店 平 碧仁 氏

自分の働き方 × 空きビル × 家族を含む協力者の存在、から完全キャッシュレス・完全無人営業の書店をオープン。"制約"のある状況だからこそ自分にできることを考え抜き、他の協力が必要な部分は勇気を出して、自分の思いをしっかりと伝えにいくことが重要と語ってくださいました。

スクリーンショット2

 

石本商店 大島 梢絵 氏

自分のできること × パートナー(夫)のできること、自分のやりたいこと × パートナーのやりたいこと、からごまどうふとカレーのお店でありながら様々な情報発信に取り組まれています。お店のことだけでなく、プライベートな部分も発信する中で、お客様はもちろん様々な人とのつながりを生み、影響力のある存在となっています。情報発信をコンスタントに行うコツは?という問いに対しては、日頃の出来事や思いを日記に書き記しているとお話しくださいました。

スクリーンショット4

 

全体セッションでは、参加者の皆様から様々なご質問をいただき、ゲストの皆様にご回答いただきました。ご意見・ご質問いただいた皆様、ありがとうございました。

スクリーンショット

 

にいがた未来想像部2020は、次回3月に予定されているイベントが今期のクロージングとなります。きっと起業が「ちょっと気になる」から「できるかも」と感じていただける内容となっておりますのでご期待ください!

メールマガジン登録 Mail Magazine

新潟IPC財団メルマガに登録すると、新潟のビジネスに役立つ情報をお届け!ぜひご登録ください。