「障がい者と保護犬が共に暮らす共生型グループホームの開設に向けた購入型クラウドファンディングの返礼品」のモニター会報告

2019年12月11日| モニター会報告

12月10日(火)に『ちいきてらす株式会社』が実施を予定している『クラウドファンディングの返礼品』についてのモニター会を開催しました。

今回のモニター会では、障がい者と保護犬が共に暮らす共生型グループホームの開設に向けたクラウドファンディングの返礼品について、お集まりいただいた皆さまからご意見をいただきました。

DSC06519

DSC06545

はじめに、モニターの皆さまの参加動機を伺いました。皆さん、犬好きなのはもちろんですが、障がい者の自立支援や空き家の活用など様々な社会課題に興味をお持ちの方が参加されていました。

続いて、『共生型グループホーム』の概要をちいきてらす株式会社の小倉様よりご説明いただき、分かりづらい部分がないか、また、応援したいかどうかご意見をいただいた後、クラウドファンディングの返礼品についてのご意見をいただきました。
返礼品については、『「物」だけでなく、「体験型」のプランがあった方が良い』、『グループホームの入居者の手作りのものが良い』『市販で販売されているものは不要』など厳しいご意見も含め、様々なご提案もいただきました。

ご参加いただいた皆さま、貴重なご意見ありがとうございました。
ちいきてらす様におかれましては、いただいたご意見を実施予定のクラウドファンディングに活用いただけますと幸いです。

当財団ではモニター会を随時開催しております。
モニター会に参加してみたい方はコチラを、
モニター会を開催してみたい企業の方はコチラをご覧ください!

サービス