~エリアリノベーションの仕掛け人に聴く~「空き家・空き店舗活用ビジネス」のヒント(6月12日)

2019年06月13日| セミナー報告

【テーマ】~エリアリノベーションの仕掛け人に聴く~「空き家・空き店舗活用ビジネス」のヒント
【講 師】コミュニティディレクター/二級建築士 小林 紘大 氏

昨日は、コミュニティディレクター/二級建築士の小林紘大氏を招いて空き家・空き店舗活用ビジネスをテーマにセミナーを開催しました。

小林氏は、新潟市内工務店での建築業務を経て現在はフリーランスとして活動中。自身が入居する賃貸集合住宅でのマネジメント活動などを通して「楽しい暮らしは自分でつくる」を実践されているコミュニティマネージャーです。

DSC03134

セミナー前半は、「グリーンホームズ」という賃貸集合住宅でのコミュニティマネジメント活動を説明いただきました。賃貸住宅をまちにひらくことをコンセプトに、遊休化している施設を活用した様々なイベントを企画し、それによってオーナーと住民、地域を結び付けるコミュニケーションの場を育んでいるそうです。最初はご自身で企画していたことも、地域住民の結びつきができた相乗効果で、住民が当事者としてどんどん活動を広げていき、結果的にグリーンホームズの入居率が増える変化にはとても驚きました。

DSC03132

セミナーの後半は、新潟市松浜で行っているエリアリノベーション「松浜Rプロジェクト」をはじめとするコミュニティデザインのお話をいただきました。今ある施設や地域の環境を活かして、地元の人とのつながりを大切にしながら再生していくお話には、空き店舗を活用してビジネスをはじめたい方の大きなヒントになったのではないでしょうか。

受講者の皆様からは、「空き家や空き店舗でもアイデア次第で地域の資源になると感じた」「新しいことを後押しするには人のネットワークが必要」「まちづくりに興味があったので話を聞けて良かった」等々のご感想をいただきました。

受講者の皆様、ご参加いただきありがとうございました。

当財団では、今後もお役に立つセミナーを開催します。セミナーの詳細、お申し込みはこちらをご覧ください。

サービス