8月29日ワンコインセミナー報告

2018年08月30日|セミナー報告

【テーマ】~社長の右腕20年の経験が示す~ 社長の「右腕」のつくり方・選び方
【講 師】社長サポーターズ・クラブ 代表 渡辺 俊一 氏

昨日は社長サポーターズ・クラブ代表の渡辺氏を招いて、社長の「右腕」のテーマでセミナーを開催しました。

渡辺氏は、複数の会社で責任者や取締役などの役員を20年以上勤めた経験を活かし、社長を支える組織の仕組みづくりや経営課題解決を支援する社長サポーターズ・クラブの代表をされており、ご自身の「右腕」としての経験から様々なお話をいただきました。

DSC09142

セミナー冒頭では、社長にとっての「右腕」の意味や必要性について説明があり、「右腕」というと社長の言いなり、社長がいないと何もできないとイメージされやすいようですが、社長の考えを咀嚼した上で自己判断をして社内で実行する役割があり、実は大変!という話が印象的でした。

多くの経験談の中でも、「右腕」が期待される役割の例としてお話された「失敗談」は衝撃が大きく、社長に代わって会社の損失を防ぎ、リスクを最小限にするための大きな責任と必要な能力がよく分かりました。正に身を削ったお話に受講者の皆さんも惹きつけられたようでした。

DSC09114

その後、「右腕」としての具体的な意識や行動、業務能力など10項目程度のポイントをおさえ、「右腕」から見た社長の傾向、最後に「右腕」のなり方、選び方、注意点の説明があり、多面的にお話を聞くことができました。

セミナー終了後の受講者の方々からは、「社長を支える覚悟ができた」や「役割を違った視点で見れた」などの感想をいただきました。

当財団では、今後も皆様のお役にたてるようなセミナーを引き続き企画していきます。
セミナーの詳細や申し込みはこちらから。

サービス